犬猫に合った薬を! | 猫のフィラリア予防をするならオールマイティーなアドボケート!

猫のフィラリア予防をするならオールマイティーなアドボケート!

犬猫に合った薬を!

豊富な種類のブリスター

個人輸入代行を利用してアドボケートなどのフィラリア予防薬を簡単に購入することができるようになりましたが、医師の指示が無い以上、自分の責任で投与することになります。薬を選ぶ際に大事なことは、適切な分量の薬を選ぶことです。どの医薬品であっても、適切な量を投与しないと副作用を引き起こしてしまったり、せっかく服用したのに効果が無い場合もあります。しっかりと予防薬を投与するためには、犬猫にあった投与方法や用量を選ぶ必要があります。医師が薬の分量を決める際には、年齢も大事ですが体重を基準に考えることがほとんどです。
対象の犬猫が医薬品の対象体重よりも軽ければ、薬の効果は薄くなりますし、多めに与えてしまえば副作用を引き起こしてしまいます。安全に薬を与えるためには、最適な量を与えることが重要です。体重によって、医薬品の料金が違うことがありますが、安いからといって済ませてはいけません。
生後6週間以上の子犬用、子猫用のものもあれば、小型犬用の4kg未満の医薬品、中型犬用の4kg〜10kg、大型犬用の10kg〜25kg、超大型犬用の25kg〜40kgなど、体重によって購入する医薬品は違っています。この数字はアドボケートを参考にしていますが、医薬品の種類によっても体重が少しずつ違っているので、注意して選ぶようにしましょう。
フィラリア予防薬は、チュアブルタイプとスポットタイプと注射タイプの3種類の方法があります。チュアブルタイプは錠剤なので、医薬品を飲ませることで予防します。スポットタイプは、皮膚に液体を垂らすことで予防します。注射タイプは、病院で注射をしてもらうのですが、血統種や雑種とあまり相性がよくなく、副作用を引き起こしたケースが一番多い方法です。他にも、犬種などによって相性の良い方法と悪い方法があるので、確認しながら選ぶようにしましょう。

↑ PAGE TOP